悪玉コレステロール退治に青汁

コレステロール値が高い状態が続くと、深刻な病気になります。血管が塞がることで動脈硬化や心臓麻痺といった生死に関わる病気です。これを避けるにはコレステロール値を下げるしかありません。そのために有効な手段のひとつが青汁です。


<青汁の効果>

そもそもコレステロール値があがる食生活は肉や油のとりすぎです。青汁のビタミンや食物繊維はコレステロールを体外へ排出する作用があります。大量の食物繊維が含まれているため、コレステロールを下げるのに適しています。また、腸内環境も改善し血管を強くする作用もあるのでコレステロールが高い人ほど飲むと改善する可能性が大きくあります。そのまま放っておけば恐ろしい病気になってしまうリスクもありますが、飲み続けると動脈硬化や心臓麻痺になりにくくできます。


<青汁を飲み続けるには>

飲み続けるには継続できるようにすることが大切です。どうしても味が苦手なら錠剤が主原料が違うものを飲む
ことで対処しましょう。効果はやや劣る場合がありますが、全く飲まないよりは効果があります。青汁は朝に飲むことが一番良いとされています。目を覚まして少し落ち着いてから飲むといいでしょう。空腹時に飲むと刺激が強すぎるので、軽く食べてからのほうが良いでしょう。