青汁だけ飲めばいいわけではない

青汁にはたくさんの栄養素がありますので「これさえ飲んでいればほかの野菜はいらない」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。あくまでも栄養を補うためにあるものであり、野菜を取らなくていいというわけではありません。


<青汁は飲み過ぎると身体に悪いです>

健康にいいといわれるとついつい食べ過ぎたり、飲み過ぎたりしてしまうのが人の心理だと思います。

青汁は飲みすぎても身体の外に結局流れていってしまいますので無駄になることが多いです。さらには取りすぎることによって、頭痛や吐き気、関節痛などの原因になりますのであくまでも適量が一番だということです。


<作り置きは禁止です>

毎日作るのがめんどうくさいと思って作り置きする人もいるかもしれませんが、青汁は作りたてが一番栄養があります。

ほとんどの会社は原材料の栄養を凝縮しているので作り置きしてしまうと、その栄養が逃げていき飲んでも意味がない状態になってしまうことがほとんどです。

もし冷蔵庫に保存するなら、作り置きをするにしても日中に飲んでおくのがベストといえるでしょう。

青汁だけ飲んでもいけないですし、飲み過ぎも注意してください。何事も適量が一番だということでしょう。